MENU

【読書レポ】ジェンダーについて大学生が真剣に考えてみた/佐藤文香

ジェンダーについて大学生が真剣に考えてみた

あなたがあなたらしくいられるための29問

佐藤文香・監修
一橋大学社会学部 佐藤文香ゼミ生一同・著
目次

おすすめする読者層

  • 今までジェンダーについて考えたことがなかった人
  • 関心は少し寄せていたけれど、近寄りがたいイメージがあった人
  • 何から始めればいいのかわからない人
  • なにやら問題は感じるけど、どのように考えていけばいいのかわからない
  • 他の誰かに勧めるならなにがいい?

つまり、「入門編」としておすすめする一冊です。

専門書ではないので、言葉も平易で読みやすい

タイトルにもある通り、「大学生がゼミで考えたことを文章化・書籍化」したものです。だからこそ、問いかけられた29問は身近な疑問、そしてきっと誰もが一度は考えたことがあるであろう疑問ばかりでした。

参考として例をいくつか抜き出してみます。

  • 男女平等は大事だけど、身体の違いもあるし仕事の向き不向きはあるんじゃない?
  • 男女平等っていうけど、女性も「女らしさ」を利用しているよね?
  • 子ども産めないのに同性婚って必要あるの?
  • フェミニストはなにかと女性差別というけど、伝統や文化も重んじるべきじゃない?
  • 男だって大変なのに、女がすぐハラスメントと騒ぐのは逆差別では?
  • 管理職の女性を30%にするって、女性だけを優遇する逆差別じゃない?
  • 性欲って本能でしょ、そのせいで男性が女性を襲うのも仕方ないよね?
  • 性暴力って被害にあう側にも落ち度があるんじゃない?

このように多岐にわたっていますが、わりと「なんだよ、それぐらいで」と考えてしまいそうなことばかりだと思ったのでは?このような「問いかけ」が29問あります。

なので、本当に入門編として、一番最初におすすめしやすい本のひとつです。

■専門書ではないが、深堀したい人へのヒントもある

この本は、「ホップ・ステップ・ジャンプ」形式で解答が書かれています。
いや、解答というよりは、問いかけに対する考え方でしょうか。

「ホップ」では本当の初心者向けへ簡単に。
「ステップ」ではちょっと知識はあるという人へ。
「ジャンプ」は最新動向を踏まえて。

このように三部構成になっているので、段階を経て、理解を深めやすくなっています。またそれぞれの問いかけの最後に、参考文献も紹介されているので、気になるテーマのところだけ参考文献で更に理解を深めていくという、「次へ進む」とっかかりにもしやすいような工夫もあります。

ちょっとした注意点

この本は、本当にあくまでも「入門編」です。

そして、問いかけの29問は多岐にわたるので、ある意味ひとつひとつの答えは「浅め」です。なので、言葉足らずに感じてしまうパートもあったり、もっと上手な言い方があるのでは?と思う部分もあります。

ですが、この本で提示されている解答が唯一絶対ではない。むしろ、この本をきっかけに、考えて欲しい・議論してほしいという風に書かれています。

だからこそ、多岐にわたる問いかけがあり、それに対してまっすぐな答えがあるこの本は、おすすめできます。

最後に

男性だけではなく、女性の中にもある無自覚のミソジニー(女性嫌悪)と向き合う。
そして湧き上がる、今までの自分の言動に対する悔い。

ジェンダーを勉強するというのは、そういった自分自身とも向き合わなければならないし、人によっては「自分の立場が脅かされた」ように感じるかもしれません。

また、逆に「友達関係」が辛くなる人もいるかもしれません。自分の親に対して。また、友達や会社へ、「あの人のあれは差別発言だったのか」「なんでわからないんだろう」等と。

そして、日本の人権意識のひどさにものすごくがっかりさせられることにもなります。

でも逆に、今まで抱えていた「もやもや感」を言語化できた時の喜び。
そして、「人間」同士の関係を築いていくことへの希望。

私が私らしくいられるようになるために。
周りの人ともまじめにそんな話ができるようになる社会にするために。

そのための知恵と勇気を手に入れるための、第一歩として、おすすめします。


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる