FXの聖杯を探すことのメリット(探してきた自分を否定しないで)

FXには聖杯なんてない、というのはこの記事で書きました。

ですが、聖杯をそれでも探してしまう、または今まで探してきたという方もいるでしょう。

実は、聖杯探しにもメリットがあります。
ここでは、今までの自分を否定してほしくないという思いで、
聖杯探しのメリットを書いていきます。

目次

FX聖杯探しによって、多くのテクニカル分析を知ることができる

聖杯を探している人は、多くのテクニカル分析を学び、試してきた(試そうとしている)と思います。

このこと自体は決して無駄にはなりません。

もしかしたら、一回失敗しただけで
「これは聖杯じゃなかった!」と、また他の手法を試す……
と短時間であちこち飛んでいる人もいると思います。

でも、それでも。

そういえばこういうやり方があったな
あれはなんかおかしかったな

というようなものは少しでも積み重なっていると思います。

自分にしっくりくるFX手法に出会える

もしも、あなたがその都度、本気で

今のこの手法(テクニカル分析)は本当に効果的なのだろうか。
本当に聖杯なのか?どうすればいい?

このように、じっくりと検証しながら聖杯を探してきたのであれば。

今こそ、「全勝すべき」という思いを捨ててみてください。

そして、

  • 自分にとって一番しっくりきた
  • アレンジを含め、使い勝手がよかった
  • 検証しやすい、検証して自分で修正をかけられそう
  • ライフスタイルに合いそう
  • 一番勝率がよかった
  • 精神的に安定して取り組めた

これらに当てはまるやり方がなかったかどうか、思い返してください。

たったひとつでも見つかればいいのです。

それが、あなたにとっての味方となる手法です。
今までの苦労が報われるように、その手法を磨いていってください。

FX成功者の言っている「聖杯」とは?

詐欺商材を売りつける・自分のサロンやメルマガ誘導のために
「聖杯を教える」とささやいている人たちはともかく、

そうでない人たちが「聖杯だ」といっているのを見たこともある方もいると思います。

これは、「100%勝てる」という意味ではないんですよね。

「自分の型」であり、「安定して利益を出し続けている」という意味で使われているのだと
そういう風に理解しておいてください。

そして、この「安定して」というのは、小さな損失も含まれています。

自分の想定の範囲内での損失、つまり自分である程度許容できる損失のうちに損切する。
これも含めたトレード手法を、彼らなりの「聖杯」だと言っているということです。

ここまで都度説明する人はなかなかいませんし、
「損を出したじゃないか!そんなのは聖杯じゃない!」と怒る人の方が多いので、
彼らもまたいちいち説明するようなことはしないのでしょう。

それか、もうはっきりと「FXに聖杯なんてないよ」と言っているか。

今こそ、FX聖杯探しは卒業しよう

聖杯を探して探して。
たった一度の負けも許容したくない、勝率100%でなければならない!
と焦って焦って。

これははっきり言って底なし沼です。

なので、聖杯探しはここで思い切って卒業してください。

あなたの考えている「100%勝てる手法」など、
FXがゼロサムゲームである以上、存在しないのですから。

聖杯を探し続けてさまよえばさまようほど。
損失は膨れ上がります。

すべてを失う前に。

あなたが本当に、この先もFXを続けたいと思うのならば。

聖杯探しを卒業してください。

まとめ

まだ聖杯を探したことがないのであれば、探さなくていいです。
そのまま、今試してみようと思っている手法とじっくり向かって、自分のものとしてください。

今まで探してしまったなら。彷徨ってしまったなら。
今、ここで卒業宣言を自分自身にしてください。

そして、

  • 自分にとって一番しっくりきた
  • アレンジを含め、使い勝手がよかった
  • 検証しやすい、検証して自分で修正をかけられそう
  • ライフスタイルに合いそう
  • 一番勝率がよかった
  • 精神的に安定して取り組めた

これらに当てはまるやり方がなかったかどうか、思い返してください。

わずかにでも、1つだけでも当てはまるものがあれば
それがあなたにとっての味方となる手法だと思います。

それが、聖杯探しをしてきた、唯一のメリットです。
たくさん試してみたからこそ。たくさん考えてみたからこそ見えるものがある。

むしろ、何が何でも「メリットにしてやる!」と思えるように。

それを使いこなせるようにしてください。
今までの「聖杯探し」に使っていた努力を、この手法を磨く努力へ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる