FXで追証してでも待っていれば利益が出る?その思考は危険

追証。

口座にあるお金が現在取引中のもの(建玉)の金額を下回った場合に、
追加でお金(証拠金)を入金することを求められます。

「追加の証拠金」なので、「追証」。


わかりやすく滅茶苦茶単純化すると。

口座に10万円しかないのに、今取引中のものが「損失5万円」の状態になっていたら。
FX業者にとってはこの5万円の損失を、あなたの代わりに負担している状態です。

今、代わりに負担してあげているけれど、早く埋めてね(5万円払ってね)

というのが、追証です。
大体が翌日までに入れてくれ、という感じです。

ちなみにこれあ、FX業者が損を出したくないから追証制度を作っている……
わけではなく、日本の金融庁が定めた法律によるものです。

FXをやっているあなたよりも会社を守りますよ、ですね。

さて。

ところで、FXをやっていると、
「レートはいつかまた元に戻る」ことに気づくでしょう。

時間はわかりません。
1年かかることもあれば、わずか数日~数週間で元に戻ることも。

なんなら、わずか数時間後ってことも。

 「くそっ!損切しなきゃよかった!!!」

と、叫ぶ人がたくさんいます。
あなたも叫んだことがあるかもしれませんね。

そして、

「じゃあ、ちょっと無理してでも追証して待ってみよう」

こんな思考になってしまったりしていませんか?

または、こんな思考に陥りそうになっていませんか?
ふと横切る……

ですが、はっきりいいます。

むちゃくちゃ危険な思考です!!!

追証したおかげで踏ん張れて、
利益を上げられた経験を持っている人もいると思います。

ですが、それもいつまでも続くとは限りません。

むしろ、その時の「間違った成功体験」があるがゆえに
追証することをやめられなくなり。

何度も追証を繰り返したその先に待ち受けているのは、

破滅

ただそれだけです。

追証って、一種の麻薬なんですよね。

破滅するまで、止められない。
確かに、今この瞬間の損失さえ逃れることができたら、
レートも戻って利益を出せるかもしれないから。

そう考えてしまうんです。

だからこそ。

何があっても、追証は絶対にしない!!!

そうしっかりと決めておいてください。

損切を入れる癖を。

損切の設定をするのを忘れて、追証を求められてしまっても、
入金せずに、いさぎよくその取引は諦める覚悟を。

そしたら、一度FXから離れて、冷静になりましょう。
冷静になったら改めて反省と今後の戦略を練る。

そういう風にしていってください。

長く続けるためにも。
破滅しないためにも。

追証は絶対にしないことです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる